脚がむくんでしまう原因を知ろう

体の中で最もむくみやすいのは脚です。心臓から遠い位置にあるため、血流の流れが悪くなりやすく、重力の関係からも水分がたまりやすいことが原因です。立ち仕事の人に多いと症状と思われがちですが、デスクワークの人にもよく見られる症状です。
同じ姿勢を長時間続けることで、脚の水分を含む血液やリンパ液などの組織液の循環が悪くなってしまうため、細胞のすき間などに水分が停滞します。また、ふくらはぎの筋肉などは、心臓に血液を戻すポンプの役割もあるため、筋力が低下することにより血液がうまく心臓まで戻らなくなることから、血液中の水分が停滞します。
一過性のものがほとんどですが、中には心臓やすい臓、腎臓などの病気が原因となって症状が現れることがあります。肝硬変などの肝臓障害が起きると、脚だけでなく全身に症状が出る事があるため、顔やまぶたなどにも出る事があります。こうした症状が出た場合には、早めに医療機関を受診することです。
また、月経の時期に心身にあらわれる月経前症候群として足がむくんでしまうこともあります。月経前症候群としてあらわれる場合には、自分の月経周期を知り、予測し体調を整えることで、症状を緩和することができます。