ビタミンEを多く含む食材紹介

ビタミンEは、強い抗酸化作用を持つビタミンの一つです。活性酸素の害から体を守る効果があります。若返りのビタミンとも呼ばれ様々な健康効果があります。老化防止や生活習慣の予防・改善、血流の改善、美白効果、生殖機能の維持などの効果が挙げられます。
普段食べている食材の中では油や種実類、魚卵などに多く含まれています。ほうれん草などの緑黄色野菜にももちろん含まれています。油を使って調理すると効果的にたくさん摂取することができます。
中でも多く含まれている食材としては、かぼちゃなどがあげられます。栄養価が高く、ビタミンもA・C・Eが揃っておりそれぞれの抗酸化作用がお互いに作用してより協力に働きます。血の巡りをよくして体を温めてくれるので冷えにもぴったりの食材です。
ゴマのビタミンEは血液だけでなく、血管壁にたまったコレステロールを除去してくれる働きがあります。そのため心臓の血液を送り出す負担を和らげてくれる効果があります。ゴマには、白ごま、黒ごま、金ごまなど様々な種類があり、活性酸素を攻撃する力があることで最近ブームになっています。
他にもモロヘイヤやお茶など、身近な食材にも含まれていますが、健康のためにはいろいろな食材をバランスよく食べることが何よりも大切です。

コメントは受け付けていません。